試合結果

カテゴリー登録

カテゴリー「試合結果」を作る

管理画面からカテゴリー「試合結果」を作ります。idは「result」にしてください。

カテゴリー「試合結果」の子階層にクラブ内のカテゴリーを作る

「セカンド」「U18」などクラブ内でのカテゴリーを分けて試合結果を登録する場合はresultの子階層にそれぞれの別のカテゴリーを作成してください。ID名は先頭に「result/」を付けてください。また親IDは「result」にしてください。

例:カテゴリー「TOP」を登録する場合

ID
result/top
親ID
result
カテゴリー名
TOP
そのほかの項目
デフォルトのままでOKです。

オプション登録

量が多いため、インポート機能を利用した一括登録でオプションを登録します。万が一のため、必ずはじめに「すべて」を選択してエクスポートしてバックアップをとってください。以下のファイルの記述をエクスポートしたsql(freo_options)の一番下に貼り付けてインポートし、オプションを一括登録してください。一括登録のやり方がわからない場合はこちらを参考にしてください。(社内のみ閲覧可能)

ファイル保存先
L:\htdocs\s-contigo.website\sql\option-result.sql

見本エントリーを作成

エントリー登録画面に入りオプション選択で試合結果を選択し、見本エントリーを情報入力して作成します。正しく試合結果が表示されていることを確認してください。その後日時やクラブのカテゴリーを変えながら5試合ほど登録し、カテゴリーページ(/category/result)が正しく機能していることを確認してください。

libs/freo/plugins/display.pager.php

クライアントが登録する試合結果のうち最も古い年を$begin_yearに設定してください。カテゴリーページの選択肢の開始年に反映されます。

該当ファイル

変更を加える場合は場合は以下のファイルを編集してください。

カテゴリーページ
templates/internals/category/result.html
試合結果ページ
templates/internals/view/result.html
スタイルシート
css/style.css , css/tablet.css , css/smart.css下部
/* B-14-5 試合結果(view) */ ~