スタジオコンチーゴ株式会社WEBサイトガイドライン
レギュレーションサイト

ファイルの表示ルール

共通部分のファイル

以下のファイルは各ページ(トップページ、固定ページ、エントリー、フォームなど)で使用される共通のファイルです。

名称 ファイル 該当箇所 読み込み方法
ヘッダー /templates/header.html 1.<header> {include file='header.html'}
フッター /templates/footer.html 2.<footer> {include file='footer.html'}
サイドバー /templates/utility.html 3.<aside> {include file='utility.html'}

読み込まれるファイルのルール

名称 ファイル 概要
トップページ /templates/internals/default/default.html
カテゴリーページ /templates/internals/category/default.html トップページのファイルをコピー、複製し、内容を書き換えて作成。
バックナンバーページ /templates/internals/entry/default.html トップページのファイルをコピー、複製し、内容を書き換えて作成。
固定ページのテンプレート /templates/internals/page/default.html
固定ページの内容 /templates/page/xxxx.html 例えば、https://www.s-contigo.website/about というページの場合、最初に固定ページのテンプレートである、 /templates/internals/page/default.htmlが表示されます。固定ページのテンプレートが更に、固定ページの内容(/templates/page/xxxx.html)を読み込み、ページが表示される仕組み。
エントリー(指定) /templates/internals/view/148.html 148のエントリーがある場合、一般のテンプレート(/templates/internals/view/default.html)よりも、こちらのテンプレートファイルが優先して表示される。
エントリー(一般) /templates/internals/view/default.html
  • 各ファイルの先頭で、{include file='header.html'} ヘッダーファイルを読み込み。
  • 各ファイルの最後で、{include file=‘footer.html'} フッターファイルを読み込み。
  • 各ファイルの最後で、{include file=‘utility.html'} サイドバーファイルを読み込み。(ワンカラムのサイトでは使われないこともある)

固定ページの内容が読み込まれる仕組み

https://www.s-contigo.website/about を例に説明します。

固定ページのテンプレートの記述内容

固定ページのテンプレート(templates/internals/page/default.html)には以下のような記述があります。

{assign var="include_file" value="`$page.id`.html"}
{if file_exists("templates/page/$include_file")}
{include file=page/$include_file}
{/if}
  1. この記述が、固定ページの内容(/templates/page/about.html)を読み込みます。
  2. 固定ページの内容(/templates/page/about.html)は、<article>の中身として読み込まれます。

固定ページの表示例

ページURL テンプレートファイル 内容ファイル
www.s-contigo.website/area /templates/internals/page/default.html /templates/page/area.html
www.s-contigo.website/area/saitama /templates/internals/page/default.html /templates/page/area/saitama.html
www.s-contigo.website/area/saitama/fujimi /templates/internals/page/default.html /templates/page/area/saitama/fujimi.html

新規に固定ページを作る場合

例:www.s-contigo.website/team/junior を作る場合。

  1. CMS(freo)にて、team 階層の下に、 team/junior の固定ページを作成する。
  2. /teamplages/page/ 内に team というフォルダーがなければ作成する
  3. 作成した、/teamplages/page/team/ のフォルダー内に junior.html というファイルを作成する。
  4. コーディングをする。その際、コーディングをするのは以下のように<article>の中身のみ。<header>部分などの<article>以外の部分はテンプレートファイルのによって読み込まれるので、コーディング不要です。
<section>
    <h2>会社概要</h2>
    <dl class="table">
        <dt>企業名</dt>
        <dd>スタジオコンチーゴ株式会社</dd>
        <dt>英文名</dt>
        <dd>Studio Contigo, Inc.</dd>
        <dt>代表取締役</dt>
        <dd>xxx xxx</dd>
        <dt>設立</dt>
        <dd>2888年8月8日</dd>
        <dt>所在地</dt>
        <dd>〒354-0024 埼玉県富士見市鶴瀬東2-14-3 MSビル2F</dd>
        <dt>Tel</dt>
        <dd>049-222-2222</dd>
        <dt>Fax</dt>
        <dd>049-333-3333</dd>
        <dt>資本金</dt>
        <dd>8888万円</dd>
    </dl>
</section>