freoページ作成

ページ(固定ページ・内部ページなどと呼ばれることもあります)をfreoにて作成していきます。freoでページを作成していくと、自動でグローバルメニューに項目が表示されるようにテンプレート側で設定してあります。

ページIDの付け方

以下の注意点に沿って、ページIDを付けてください。

親子階層は /(スラッシュ)を用いる

NGな例
about-team(aboutの子階層としてはNGだが、ディレクトリー直下の場合であればOK)
OKな例
about/team(aboutの子階層)
about/team/sub(about/teamの子階層)

ページIDはページの内容を連想できるような英単語に

NGな例
rial(リアルという英単語のミススペル)
jinsei(人生というページ。lifeという英単語が適切)
OKな例
company(会社概要ページ)

別ページと同じ単語を使用しない

NGな例
about/team と、 intro/teamはNG。別ディレクトリーであっても、単語を分ける。
OKな例
about/team と、 intro/teamsはOK。team と teams と異なる文字列であれば問題なし。

登録方法

登録方法は2つ(手動登録、Googleスプレッドシート連携登録)あります。プロジェクトの規模や手間を考えて、今回の登録時とその後の作業の効率を合理的に考えて、どちらかの方法でページを登録してください。特に指示のない場合は手動登録で作業をしてください。

手動登録

freoページの手動登録

上記のページ登録画面からページを登録してください。タイトルページIDは必須項目なので必ず入力してください。

slickmap

slickmap

手動で登録する場合はslickmapの登録も手動で必要になります。(このサイト s-contigo.websit のslickmapを見る)Googleスプレッドシート連携登録の場合は自動で生成されるため、不要です。以下のsqlファイルをダウンロードして、インポートをすればslickmapは完成するようにテンプレートをカスタマイズしてあります。sqlファイルの中身は以下の通りです。

INSERT INTO freo_pages VALUES('slickmap',NULL,'s-contigo','2021-10-22 20:32:07','2021-10-22 20:34:43','yes',NULL,NULL,'publish','publish','closed','closed','99','slickmap',NULL,'2021-10-22 20:31:58',NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO freo_options VALUES('title','2020-12-01 22:46:54','2020-12-01 22:46:54','page','text','no',NULL,'1','title',NULL,NULL);
INSERT INTO freo_options VALUES('description','2020-12-01 22:47:09','2020-12-01 22:47:09','page','textarea','no',NULL,'2','description',NULL,NULL);
INSERT INTO freo_options VALUES('keyword','2020-12-01 22:47:19','2020-12-01 22:47:19','page','text','no',NULL,'3','keyword',NULL,NULL);
INSERT INTO freo_options VALUES('h1','2020-12-01 22:47:28','2020-12-01 22:47:28','page','text','no',NULL,'4','h1',NULL,NULL);
INSERT INTO freo_options VALUES('slickmap_nav','2020-12-01 22:49:47','2020-12-01 22:49:47','page','select','no',NULL,'7','slickmap',NULL,'utilityNav');
INSERT INTO freo_options VALUES('slickmap_slick','2020-12-01 22:50:14','2020-12-01 22:50:14','page','select','no',NULL,'8','内部階層',NULL,'有');
INSERT INTO freo_options VALUES('column','2021-10-22 20:33:37','2021-10-22 20:33:37','page','checkbox','no',NULL,'5','目次',NULL,'目次付き');
INSERT INTO freo_options VALUES('aside','2021-10-22 20:34:02','2021-10-22 20:34:02','page','checkbox','no',NULL,'6','asideあり2カラム',NULL,'2カラム');
INSERT INTO freo_option_sets VALUES('slickmap_nav',NULL,'slickmap','utilityNav');

ファイルをダウンロードして、管理画面から、データをインポートしてください。

freoオプションデータのインポート
  1. sqlファイルをダウンロードする(ダウンロードはこちら
  2. 上記のスクリーンショットの通り、管理画面にログインをして、インポートページへ移動する。
  3. 上記のスクリーンショットの通り、ファイルを選択する。
  4. ダウンロードした、freo.default.sqlファイルを選択する。
  5. 入力するをクリックする。

Googleスプレッドシート連携登録

freoページのスプレッドシート連携登録

Googleスプレッドシートと連携して、一括登録するやる方法を用意しています。必要なファイルは、関係者のみが閲覧できるよう、プロジェクト管理ツールBacklog内に記載をしています。

ページ数が多いときや、ページを複製したいとき、TDKHを緻密に設計したサイトを作成するときなどに向いています。

完了後の確認

ページの登録が完了したら、サイト全体の確認をするため、slickmapを見て確認してください。slickmapのページのURLは、https://www.s-contigo.website/slickmapドメイン名は適宜変更してください。

formなどの転送設定

このテンプレートでは、freoに登録したページが、メガメニューとして表示される仕組みになっています。formを登録すると、/form/inquiry などのURLになりますが、メガメニューでは表示されません。その場合は、formsというIDでページを作成し、301リダイレクトを利用してページの転送設定をします。そうすることで、以下が実現できます。

  1. メガメニューに問合せのボタンが表示される
  2. /forms にアクセスをすると、自動で、/form/inquiry に転送される

.htaccessによる転送設定

転送設定は以下のように.htaccessに記述をしてください。転送設定に該当する部分は、Redirect 301 /forms https://www.s-contigo.website/form/inquiryです。

.htaccessの保存場所
ルート直下のフォルダー
例:https://www.s-contigo.website/.htaccess

.htaccessはその他のディレクトリー内にも存在するファイルなので違うファイルを編集しないように気を付けてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On

	RewriteCond %{HTTPS} off
	RewriteRule ^(.*)$ https://www.s-contigo.website/$1 [R=301,L,NE]

	RewriteCond %{HTTP_HOST} ^s-contigo.website
	RewriteRule ^(.*)$ https://www.s-contigo.website/$1 [R=301,L,NE]

	RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.php
	RewriteRule ^(.*)index.php/?(.*)$ https://www.s-contigo.website/$1$2 [R=301,L,NE]

	RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
	RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
	RewriteRule (.*) index.php/$1 [L]
</IfModule>
Redirect 301 /forms https://www.s-contigo.website/form/inquiry